京都ハリストス正教会

ロシア系キリスト教会の京都ハリストス正教会はロシア本国でも珍しい
帝国王朝時代の貴重な文化財である。
京都ハリストス正教会は西日本での布教の拠点となってきた。
聖堂は日本ハリストス正教会の本格的なものとしては現存最古の建築といわれる
「ハリストス」とはロシア語で「キリスト」を意味する。
堂内は撮影禁止となっていたが壁には聖書の物語や聖人を描いた聖画(イコン)が掲げられている。

2016.11.3

渉成園(枳殻邸) (京都)

2016.6.23

枳殻邸(渉成園)は、江戸時代に三代将軍・徳川家光から東本願寺の別邸として寄進された御殿だが、
その昔、平安時代前期には左大臣・源融(みなもとのとおる)が営んだ「六条河原院」の旧蹟であったという伝説がある・
源融こそ、あの『源氏物語』の主人公・光源氏のモデルではないかと言われる

珍しい形の「傍花閣(ぼうかかく)」左右の側面に山廊と呼ばれる階段の入り口がある